読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そこのあなた、最近どうだい?

身も心も細いそこのあなたと僕に告ぐ、太くなろうぜっていう話

教育実習二日前の夜

 

 

遂にあと2日、いや2日もないのか、、、

教育実習が近づいて参りました。

夜の夜景のど真ん中を突っ走る、俺を止めるヤツはぶっ殺すとでも言うかのような荒々しい運転の高速バスの中からお届けいたします。

 

BGMは、T.M.Revolutionでout of orbit

 

中学生の頃から教員になんとなくなりたい、できることなら計算が大好きだから数学の先生になりたいと考えていたあの頃が懐かしい、、、

 

高校に入ると、数学にまるっきりついていけなくなり、『数学がわからねぇ奴に俺がわかりやすく教えてやるんだ、んでもって数学を好きになってもらうんじゃぼけ!』と大口叩いて時期も懐かしく思う、そんな実習2日前です。

 

 

何故か大学では教員ではない道を目指そうと思いはじめ、模擬授業もやりたくない、指導案も適当、いざ授業すれば頭から言いたい事が抜けていく。

そんな事を繰り返しながら、教員になるならないとかそんなことより、実習あるやん!!!

 

俺模擬授業こんな調子だけど、大丈夫っすかww 模擬授業中は僕のキャラもあって笑って終わるけど、実習になると生徒達がいます。

そのプレッシャーを前に、更に指導教員、そして適当にやってきた指導案作成から、授業をしなくてはいけません!!!

 

しかも、僕は本当に『自分で書いた字が読めない』という奇々怪々、摩訶不思議な文字を書く事で有名です。

 

英語やらフランス語やら、世の中にはたくさんの言語があり人々は文字を書いて生活しています。太古昔にも人々の間ねは文字が流行ってたらしいです。そんな言語をどうにか解読する学者さん、翻訳者だったり、最近では翻訳アプリなんかも出てきて、言語の壁は更に無くなるものだと思われますが、甘いあまい。

 

おおあまです。僕の文字を解読してご覧なさい。それこそ一生食いっぱぐれることも無い職業の一つになる事でしょうよ。

 

そんな僕が板書なんてやってご覧なさい。

この前も実習直前の模擬授業をしました。感想をそれぞれの人に頂きましたが、授業はあんがいまとも、生徒から人気でそうとか嬉しいお言葉を頂いた一方で、字が汚くて面白かったなんてコメントが混ざっていました。

 

きっと相当に個性のある文字を書いてたんでしょうね。なかなか貰えないような字が汚くて面白いというお言葉。あざす

 

とにかく、不安な事がたくさんありまくります。実感がないです。

 

それに学校はブラックという話を聞きます。どうやら、実習中の睡眠時間は平均して3~4時間だそうです。わぁー、社会人になる前にこの生活を体験できるなんて素敵なイベントでしょう教育実習って。

 

ただ、なんだかんだで楽しみな部分もあるからこれまた不思議。正直この実習期間というのは、僕のような就活生には相当辛い時期。6月から本格的に採用を始める企業が多数あります。この実習期間があれば、もっとたくさんの企業をまわることができます。キチョハナカンシャとか言いながら、奇妙な笑を浮かべながら人事にコネを作ることもできます。

 

とにかく、この時期ってちょうど就活の大詰めな訳です。そんな時期にやる実習ですから、嫌な気持ち1杯マンですけど、楽しみな気持ち持ててる自分に少し嬉しくなったりします。

 

実習に望むわけですから、一応目標でもたてておきます。

 

・指導教諭、教員の皆さんにとにかく媚を売りまくる。

・生徒にはとにかく話しかけまくって、自分の事を慕わせる。

・実習期間中だからこそ、筋トレを怠らない。

ブラック企業とはなんぞやを知る。

・とにかく乗り切る。

 

とこんな所でしょうか。随分とクソみたいな目標だと思われるかもしれませんが、僕のような授業が下手くそで、きっと大変な苦労をすると察してる人間は、とにかく実習期間をできるだけ快適に過ごして少しでも自分のモチベーションに繋げる必要があります。

 

とりあえず人間関係がうまく行けば、プラマイの関係で何とかなるでしょうと言うことで、この目標をたてさせて頂きました。

 

そして、社会人になる前に社会とはどんな酷い仕打ちをしてくるのかを身をもって体験し、残り少ない学生生活を悔いのないものへと繋げるためにもこの実習を役立てようという訳です。

 

 

さて、僕だって昔は面白くて人気ないい先生になるなんて考えてたくらいです。上の目標は僕にとって1番大切な目標たちですが、サブ目標もあります。

 

・数学の世界に入り込ませる。

・初っ端から、数学という強化を嫌いにならないでほしい。

・ついてこれない生徒を出したくない。

・一方的な授業にしたくない。

・生徒達が幅広い世界を見る手助けをしたい。

そのためにも、体験談も交えて積極的な会話をしたい。

 

なんていうところです。

 

まあ、実習になったら余裕は無くなるでしょう。睡眠時間も無くなり食欲もなくなるでしょう。ただ、広い視野をもって周りを見る余裕まではお亡くなりさせないようにしたいと思います。

 

ここまで緩い感じで書いてきましたが、実は挑むからには適当にはしないつもりです。けっこう全力でやってみようと思ってます。やってやりますよ。かかってこいや

 

リピートアフタミー。ぶっ潰していきましょう。